健康保護に係る水質環境基準と地下水環境基準変更

塩化ビニルモノマー、ですね。
環境基準は望ましい基準なのでそんなに大きな影響はないのでしょうが、規制用の基準に入ると、土壌、排水の両面から事業者への影響がありそう。
実際のリスクはどの程度なんだろう。
通常ですと、今後の展開としては、環境基準 → 土対法や水濁法等 と言う流れです。

公共用水域においては、新たに健康保護に係る水質環境基準項目として、1,4―ジオキサンを追加します。

地下水においては、新たに地下水環境基準項目として、塩化ビニルモノマー、1,4―ジオキサンを追加します。
また、現行のシス―1,2―ジクロロエチレンにかわり、1,2―ジクロロエチレン(シス体及びトランス体の和)を新たに地下水環境基準項目として追加します。

地下水 塩化ビニルモノマー 0.002mg/L以下
1,2―ジクロロエチレン 0.04mg/L以下
1,4―ジオキサン 0.05mg/L以下

1,1―ジクロロエチレンについては、健康保護に係る水質環境基準及び地下水環境基準における基準値を見直し、現行の0.02mg/Lから、0.1mg/Lとします。

平成21年11月30日 環境省HP
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11846