土壌汚染

改正土対法のパブコメ

改正土対法の省令案に関するパブコメが2つ出ています。土壌汚染対策法施行規則の一部を改正する省令案等に対する意見の募集(パブリックコメント)について土壌汚染対策法に基づく特定有害物質等の見直し案に対する意見の募集(パブリック・コメント)につい…

研究集会発表内容

2016年6月23日(木)〜24日(金)に京都大学で開催される、第22回 地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会で、8本の研究成果(主著3報、共著5報)を発表します。(HPはこちら)発表分野は以下の3つです 46号溶出試験関係:3報 カラム試験の国際標準…

復興資材提言委員会によるガイドライン発行

保高も委員を努めました「災害からの復興における災害廃棄物、建設副産物及び産業副産物の有効利用のあり方に関する提言検討委員会(略称:復興資材提言委員会)」がまとまり、昨日、地盤工学会のHPにて公開されました。提言・ガイドラインのHP学会だけでな…

グリーン・レメディエーションにかんしてのメモ

ある本の分担執筆をすることもあり,グリーン・レメディエーションについて色々と調べています。ちなみに,グリーン・レメディエーションとは,「環境改善における全ての環境負荷を考慮し,浄化におけるEnvironmental Footprintを最小化する選択肢を組み込む…

土壌汚染の問題点とはなんだろう,なんて考えてみる。

先週木曜日,産総研で開かれた産技連の講演会にお呼ばれして「土壌汚染の将来の社会経済的な影響の評価への取り組み」と題して話をしてきました。土壌汚染に関連する人がそんなに多くない,という話なので,既存の事例をとりあげつつ,ブラウンフィールドの…

土壌汚染対策基金

「土対法の趣旨と現実の土壌汚染の措置の意思決定のギャップとその解決策に関する」に関する論文(大それたタイトルだな、と自分でも思います)を書いています。まだ書きあがらないのか?というお叱りを頂いておりますが、もうすこしです。 さて、その中で土…

コラムなど

教えてアミタさんのページに改正土対法の現状についてのコラムを書きました。以前、Blogでも紹介した話に少し加筆しています。 サイトはこちらです ご興味があればご一読下さい。

無料セミナーの公開方法

GEPCで土壌・地下水汚染の調査・対策技術の現状、というセミナーが2月10日にあるようです。 詳細はこちら 調査・対策を実際にしている方からすると、技術的な点で目新しいことはあまりない(現場の施工面からは有益な情報があるかもしれません)と想定されま…

土壌汚染対策法に基づく要措置区域・形質変更時要届出区域についての公表について2

昨日の続きです。昨日は土対法の調査契機の割合の話をしましたが、今日は要措置区域の割合と物質、地域別の傾向です。 この内容は、先日、環境省が「土壌汚染対策法に基づく要措置区域・形質変更時要届出区域」を公表しました。平成22年12月6日までの区域指定…

土壌汚染対策法に基づく要措置区域・形質変更時要届出区域についての公表について1

先日、環境省が「土壌汚染対策法に基づく要措置区域・形質変更時要届出区域」を公表しました。平成22年12月6日までの区域指定されたもののを一覧表としてまとめたものです。*1PDFはこちらちょっとしたセミナーをすることがありましたので、その結果を簡単にま…

環境省の指定調査機関向けの通知

昨日、環境省のHPに指定調査機関向けに通知が出ました。タイトルは 土壌汚染対策法に基づく指定調査機関に対する公正な調査の確保に係る通知の発出について(お知らせ) です。 環境省のHPはこちら。 概要は、 指定調査機関のレポートを立入検査で確認したと…

平成21年度の土壌汚染調査・対策事業受注実績 by GEPC

皆さんご存知かと思いますが、GEPCから平成21年度の土壌汚染調査・対策事業受注実績が公表されました。 受注件数8,858件(前年度比24%減)、受注高1,146億円(前年度比15%減) となっています。詳細はこちらちなみにピーク時の平成18年度は受注高が1993億円で…

愛知県生活環境保全条例が改正

と、名古屋市さんのHPに記載があるので、予定通り平成22年10月1日に改正・施行されたことと思われます。関係者の皆様はご注意ください。 愛知県生活環境保全条例が、平成22年10月1日に改正施行されました。これに伴い、土壌汚染対策法及び名古屋市環境保全条…

USEPA:ダイオキシン類のSoil Cleanup Goals 暫定ガイドラインのドラフト公開2

概要をまとめます。 以前のEPAのDXN類の基準はRPG*1 住宅地 1000ppt-TEQ/g 工、商用地 5000〜20000ppt-TEQ/g 1000ppt-TEQ/gで2.5E-04の余剰発がんリスクと算定されていた。 今回のドラフトの暫定RPG 住宅地 72ppt-TEQ/g 工、商用地 950ppt-TEQ/g(屋外労働者…

平成21年度 土壌・地下水汚染対策と浄化事例研修

後援が全国知事会・全国市長会・全国町村会というのが面白い。 詳細はこちら。 平成21年度 土壌・地下水汚染対策と浄化事例研修法改正概要とパネルディスカッション形式により対策技術を学ぶ主催社団法人日本土木工業協会財団法人全国建設研修センター後援…

塩化ビニルモノマーと1,4-ジオキサン

せっかくなので、こちらを読んで勉強してみてはいかがでしょうか?エグゼクティブサマリーは無料です。詳細リスク評価書シリーズ12 塩化ビニルモノマー 概要 エグゼクティブサマリー詳細リスク評価書シリーズ2 1,4-ジオキサン 概要 エグゼクティブサマリー…

土壌汚染対に係わる条例改正の動き〜

ご存知だとは思いますが、愛知県、大阪府、横浜市などは土壌汚染関連の条例の見直しを行っており、中間報告等がでています。愛知県: 大阪府:www.pref.osaka.jp/attach/5356/00033036/chukanhoukoku.pdf 横浜市:中身はね。

健康保護に係る水質環境基準と地下水環境基準変更

塩化ビニルモノマー、ですね。 環境基準は望ましい基準なのでそんなに大きな影響はないのでしょうが、規制用の基準に入ると、土壌、排水の両面から事業者への影響がありそう。 実際のリスクはどの程度なんだろう。 通常ですと、今後の展開としては、環境基準…

何が合理的か?

大辞林によると合理的とは 論理にかなっている様。因習や迷信にとらわれない様。 目的にあっていて無駄の無い様 とある。土壌汚染の対策で合理的な方法とは何か?という問いがよくある。 管理が合理的なのか? 原位置浄化が合理的なのか? 掘削除去が合理的…

土壌汚染対策はどうするべきか?現時点での私の結論

くるくる回った結果です。結局はそこに落着くか、と言うところです。 何が問題なのか? 僕の本音1(環境リスクの面)? 現状で環境リスクが高い汚染は、除去(浄化)したほうがよい。 現状で環境リスクが低い汚染は、管理した方がよい。基準を超えているだけ…

汚染土は資源か、廃棄物か。

今日は、ある雑誌の記者さんから、ある特集をしたいのだけどと言う相談を受けた。その際に最近の世間の動向などを聞いていたときに、某先生が仰ったという一言。 ちょうど最近、JBK学会の委員会で同じような話をしていたので今日はそのことについて。 土は数…

土壌汚染対策法の改正よりも影響が大きいと思われること

昨晩から仕事モードで、久々に土壌汚染ネタです。土壌汚染対策法の改正よりも影響が大きいと思われる、基準に関する基準強化・緩和および新規物質の追加が、ここ数年のうちに複数の段階に分けて実施される可能性が高くなってきました。エンビモノマーなど ト…

1.1倍の土壌汚染。。。。。

ニュースを取り上げない、といいながらまたニュース。環境リスクは極めて低いと想定される基準の1.1倍の土壌溶出量基準を超過する土壌汚染。されど掘削除去しようとしさたら処理費用は数千万円。 環境リスクの面を考えると、対象地で管理、という選択肢も十…

土壌汚染の管理において移動性を考慮する必要性について

日本全国ではすでに、自然的原因、人為的原因、盛土等により、多数の土壌汚染が存在しており、日々、それが確認されていくだけだ。、土壌汚染がありました、というニュースは情報は入れるけれども、何かほかの要因がない限りBlogには取り上げないようにして…

中国の鉛汚染、湖南省でも 子ども45人が中毒

以下の記事が。 弊社された工場が汚染源との事。 精錬工場ということは暴露経路は、大気経由か排水経由、飲料水経由と考えられる。ただ、暴露がなくなると血中鉛濃度は低下するので血液検査の結果を考えると、現在も暴露経路がある、ということか?いずれに…

異なる視点を持つ同じフィールドの方との議論

今日は夜から勉強会。Tさん、Hさん、Sさんと4ヶ月ぶりにお会いして第2回勉強会&ディスカッション。議論の対象は、大きくいえば土壌汚染地の”価値論”。具体的には”汚染を残した状態での土地はどのような価値がつけられるのか?、ということ。"(民間ビジネス…

土壌溶出量基準について:リスク評価と意思決定

7月10日のブログに書いたが規制者側の意見として 溶出量基準は厳しい基準だということはわかっている。でも、それを緩めるための知見(科学的根拠)が足りない。だから安全側にせざる終えない。 という言葉は重たい。 これは、リスク評価に基づく意思決定に…

エコケミストリー研究会 シンポジウムにて

発表終了。 私の発表の前に環境省課長が土対法改正についてお話しをされていました。 賛同できる部分で印象に残った部分のメモです。このメモについては私のバイアスがかかっている可能性がありますのでご注意ください。 当たり前のことを言っていますが、そ…

中央環境審議会 土壌農薬部会土壌制度小委員会(第11回)議事次第・資料 公開

先日お話ししていた資料がこちらで公開になりましたので是非呼んでみてください。特に資料2-1の土壌汚染の調査・対策について(説明資料)は結構すごいことになっています。 以下、改正なかで影響が大きそうな内容です。 新4条について 新4条の契機の土地改…

第11回中央環境審議会土壌農薬部会土壌制度小委員会

長いですが、昨日開かれた第11回中央環境審議会土壌農薬部会土壌制度小委員会(公開会議)で、「土壌汚染対策法一部改正に伴う政省令素案」がでました。 7月2日朝現在、内容はWEBにはアップされていないようですが近々アップされるでしょう。 結構変わっていま…