Webシンポジウム『休廃止鉱山と土壌環境に関わる研究の新たなる展開』において、「休廃止鉱山におけるグリーン・レメディエーション調査研究事業の進捗」というタイトルで発表をいたします。 200名近くに達したとのことで申し込みは締め切られていますが。。。。 www.rp…

テクノブリッジフェアin東北@オンラインにて講演

本日開催予定のテクノブリッジフェアin東北@オンラインにて、「資源循環を意識した持続可能な汚染土壌・休廃止鉱山の管理に向けた取組み」というタイトルで講演予定です。土の再利用も資源循環の一環ということで。 www.aist.go.jp

今シーズンの調査開始

今シーズンのJリーグと連携した調査を下記の通り開始します。年度末の時期で、ちょっとバタバタしておりますが、なんとか乗り切りたいと思います。今回からは、対策も視野に入れた調査になっております。 www.jleague.jp www.aist.go.jp

部門成果報告会

今日は地圏資源環境研究部門の部門成果報告会があります。 保高は、15:15から「地圏環境に関する研究開発と社会実装や標準化活動の一例 ー水中の放射性セシウムのモニタリング手法等を事例としてー」というタイトルで発表予定です。ちょっと古い話なので恐縮…

産総研Linkの記事「大規模集客イベントでの感染をどう防ぐのか」

スタジアム関係の話ばかりですいません。産総研では、Linkという広報誌を出しているのですが、「大規模集客イベントでの感染をどう防ぐのか」実地計測からリスクを評価し、安全につなげる、というタイトルで、インタビュー記事が掲載されました。ご興味があ…

報道関係:で、スタジアムのトイレのリスクは高いの??

先日放送されたNHKの内容について、NHKのHPでまとめていただいましたのでご紹介させて頂きます。 www3.nhk.or.jp で、よく【で、トイレは危ないのですね?】質問をいただくのですが、定量的なリスク評価は今後していく予定ですが、定性的なコメントだけ以下…

Jリーグのスタジアムやクラブハウスなどで新型コロナウイルス感染予防のための調査(第二報)

Jリーグのスタジアムやクラブハウスなどで新型コロナウイルス感染予防のための調査として、月曜日にクラブハスやスタジアムでの選手控室・スタッフ居室などのCO2濃度と密集・音圧の計測結果についてを公表しました。 今回が第二報となり、今後、リスク評価・…

論文公開:Radioprotection

フランスのRadioprotectionに、連携研究員の高田さんが第一著者、保高が責任著者の「Factors affecting resumption of forest or satoyama usage by former evacuees following their return after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident(福…

NHKに報道されました。はい。

昨日、2021-01-22のおはよう日本で、6分ほどの、ルヴァンカップ決勝での産総研の調査やJリーグの取り組みを報道して頂きました。 感謝申し上げます。いろんな方からご連絡を頂きました。鼻が出たマスク状態でインタビューに答えていたことを色々突っ込まれま…

Jリーグのスタジアムやクラブハウスなどで新型コロナウイルス感染予防のための調査(第一報)

ちょっと前ですが、火曜日にJリーグのスタジアムやクラブハウスなどで新型コロナウイルス感染予防のための調査(第一報)を産総研の主な研究成果で発表しました。Jリーグの記者会見でも説明をさせて頂き、多くの質問をいただきました。ありがとうございます…

RAの募集

来年度から大学院修士課程の産総研RAの公募をしています。給料をもらいながら、産業技術総合研究所で修士論文の研究をできるチャンスです。ご興味がある方はぜひ。 研究内容:大規模環境汚染に対する合理性・持続可能性を包括した環境修復フレームワークの構…

活動報告(県外最終処分に向けた技術開発戦略の在り方に関する研究会)

保高も委員として参画をしておりました、「県外最終処分に向けた技術開発戦略の在り方に関する研究会」の報告書が環境放射能除染学会より公開されました。 khjosen.org 目次は下記のとおりです。保高は6章を担当させていただきました。ご協力を頂いた皆様、…

2020年の振り返り

皆様、あけましておめでとうございます。 昨年実施したことの振り返りを少しだけさせていただきました。 本年も色々お世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。 1.Jリーグ関係の感染予防対策の研究 10月頃からJリーグ等と連携をして感染予防…

Jリーグでの感染予防のための調査について(@12/16-等々力競技場)

Jリーグでの感染予防のための調査の追加版です。2020年12月16日(水) 2020明治安田生命J1リーグ 第33節 川崎Fvs.浦和(19:00キックオフ/等々力)でもCO2の調査を実施させて頂きます。 www.jleague.jp www.aist.go.jp www.frontale.co.jp 先週末は…

Jリーグでの調査の追加

色々とプロジェクトが進んでいますが、今週末は下記の調査をさせて頂くことになりました。ご協力を頂けるJリーグ様、北海道コンサドーレ札幌様、ありがとうございます。 www.jleague.jp

ICRPの国際会議

12/1〜12/4まで国際放射線防護委員会(ICRP)「原子力事故後の復興に関する国際会議」がオンラインで開催されます。既に100カ国から1500人以上の参加申込みが会ったとのことです。 保高は、詰問委員会メンバーになっておりますが、座長および発表もすること…

Jリーグでの感染予防のための調査について

春頃からコロナに関するリスク研究を少しずつ進めているところです。 この度、Jリーグ、モンテディオ山形、FC今治と連携をして、先週の土曜日から下記の調査を開始しました。産総研内の3領域(3部門)が連携をして実施する研究になります。詳細は下記のリン…

日本リスク学会での発表

もう終わってしまいましたが、今年のリスク研究学会でも、企画セッションで発表をさせて頂きました。 www.sra-japan.jp 環境情報コミュニケーションに関する最近の話題提供ということで、土壌汚染、休廃止鉱山、県外最終処分、地元住民と連携した調査など、…

OPEN Access費用

つい先日、Elsevier系の雑誌に論文がアクセプトされました。外部の研究費を頂いている場合などは、皆さんに読んで頂ける機会を増やしたいので、できるだけオープンアクセスにしようと考えています。 ただ、毎回、請求書を見ると、わかってはいますけど、びっ…

日本水環境学会シンポジウム

昨日、今日と日本水環境学会シンポジウムでした。こちらも宮崎大学での開催からオンラインへと変更なりました。私は、土壌地下水汚染問題の解決に向けた研究動向と今後の展開 (土壌地下水汚染研究委員会)で座長と発表をしてきました。 プログラムはこちら …

環境放射能除染学会が開催

今日から環境放射能除染学会がオンラインで開催されます。 保高は、座長、ポスター発表、企画セッションの討論者、口頭発表の4本立てです。オンライン学会で発表は初めてなのですが、座長が一番緊張します。 HPはこちら プログラムはこちら 9/3 10:00-11:00…

論文が受理・公開されました.

保高がファーストの論文がRadioprotection(IF0.490)に受理・公開されました。 「Dialogue, radiation measurements and other collaborative practices by experts and residents in the former evacuation areas of Fukushima: A case study in Yamakiya …

論文が受理・公開されました.

保高がファーストの論文がRadioprotection(IF0.490)に受理・公開されました。 「Dialogue, radiation measurements and other collaborative practices by experts and residents in the former evacuation areas of Fukushima: A case study in Yamakiya …

山木屋のトルコキキョウ

暑いですね。 お世話になっている山木屋のトルコキキョウ農家の廣野さんが福島民報で紹介をされていましたのでご紹介です。最近連携している福島大学の農林サークルの皆様も写っていました。良い関係性ができると良いな、と心から思っています。 www.minpo.jp

論文が受理・公開されました.

井本さんがファースト、保高が共著の論文がGeoderma(IF4.336)に受理・公開されました。 タイトルは、「Comparison of the impacts of the experimental parameters and soil properties on the prediction of the soil sorption of Cd and Pb - ScienceDir…

SuRF-UKのWebinar

ちょっとご無沙汰しております。コロナ影響などで色々とバタバタとしておりましたが、徐々に通常運転に戻りたいと思います。 SuRF-UKが「Sustainability process and indicator guidance to be released by SuRF-UK」と題したWebinarを開催すると、ISRA/SuRF…

グループのHPを更新しました。

地圏化学研究グループのホームページを新しくしました。 https://unit.aist.go.jp/georesenv/res-geo/ ハスクレイ、メチレンブルーなどの研究の紹介ページも作りました。是非、ご覧ください。

研究員の公募のご案内

この度、産総研で土壌汚染/リスク評価に関する研究員の公募が2件出ましたのでご連絡いたします。 www.aist.go.jp 2020年度第1回研究職員公募選考において研究人材を募集する公募課題 公募番号 地圏-2 地圏環境汚染評価および修復技術に関する研究 公募番号…

議事録:中間貯蔵除去土壌等の減容・再生利用技術開発戦略検討会 コミュニケーション推進チーム(第3回)

保高が参画している中間貯蔵除去土壌等の減容・再生利用技術開発戦略検討会 コミュニケーション推進チーム(第3回)の議事録が公開されました。当日はコロナウィルスの影響で一般傍聴なしだったので、ご興味があるかたは、議事録をご覧ください。 議事録見て…

異動・・・・・

4月1日付けで、地圏資源環境研究部門 地圏化学研究グループのグループ長を拝命しまして、同じ部門内の別グループに異動という形です。 異動したのですが、コロナウィルスによる影響で在宅勤務が続いており、Microsoft teamをフル活用した、遠隔でのグループ…